12月 9

脳内のセロトニンの量は?

脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを防御し、覚醒現象などをコントロールしていて、単極性気分障害(うつ病)の患者では機能が弱くなっていることが分かっているのだ。

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と称し、かびの一種の白癬菌が陰嚢、股部、尻などの部位に何らかの理由でうつり、定着した感染症の事であり即ち水虫です。

30~39才の間に更年期がやってきたとすれば、医学的な言葉で表すとPOF(Premature Ovarian Failure)という疾患を指します(この国では40歳未満の女性が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(POF)」と呼んでいるのです)。

エイズウイルス、すなわちHIVを含んだ精液や血液の他、母乳や腟分泌液といった類の体液が、交渉相手や看病する人などの粘膜や傷口などに触れることにより、感染する危険性が大きくなります。

亜鉛は、遺伝情報やタンパク質の合成に欠かせない色々な酵素や、細胞や組織の生まれ変わりに関わる酵素など、約200種類以上存在する酵素の構成物質として非常に重要なミネラル分なのです。

心筋梗塞というものは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の中が狭まってしまって、血液の流れが止まって、酸素や大事な栄養が心筋まで送られず、ほとんどの筋細胞が壊死する恐ろしい病気です。

予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンにかわって、平成24年9月以降は原則無料で接種できる定期接種になることによって、病院などの医療機関で個々に接種してもらうになりました。

肝臓をいつまでも健康に維持するためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が衰退しないようにする、即ち、肝臓のアンチエイジング対策を実践することが効果的だと言われています。

普通では骨折を起こさない位の小さな圧力でも、骨の同じ部位だけに幾度も繰り返し持続的にかかることによって、骨折に至る事もあり得ます。

アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を低減したり変異を誘引する人体に害のある物質を体の内側で解毒し、肝臓の動作をより強める性能が判明しています。

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横になっていても燃える熱量のことであり、その50%以上を全身の骨格筋・臓器の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を消費する脳が占めているとのことです。

ただの捻挫と決めつけてしまい、包帯やテーピングテープなどで患部を固定し、様子を見るよりも、応急処置を終えたら急いで整形外科へ向かうことが、結局は根治への近道となるでしょう。

栄養バランスの優れた食生活や適度な運動は当然のことですが、ヘルスアップやビューティーアップのために、食事以外に色々なサプリを摂る事がまったく珍しくなくなったそうです。

AIDSはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって生じるウイルス感染症の事で、免疫不全を引き起こし健康体では感染しにくい日和見感染や悪性新生物等を発症する症候群そのものを指しているのです。

高齢化による耳の遠さでは段階を経て聴力が落ちますが、大体において60歳過ぎまでは耳の老化をはっきり自覚できないものです。




Posted 2015年12月9日 by furinkazan in category "シジミ